• ストレスチェックとは

    近年、ストレス、それも、仕事に関連するストレスで体をこわしたり、心の病にかかったりして、休職や長期療養を余儀なくされるケースをよく耳にします。
    仕事上のストレスは、自分1人の中に抱え込んでしまうことも多いため、上司や同僚が気づくのが遅れ、心身に不調を訴えるようになって初めて問題が顕在化してくることも少なくありません。

    様々な種類のストレスチェックをご紹介いたします。

    そこで、ストレス起因による心身不調の発生を未然に防止するため、従業員のストレスの状態を定期的に診断するストレスチェックという制度があります。



    ストレスチェックは平成27年に導入された比較的新しい制度です。また、ストレスチェックはその制度趣旨からして、できるだけ多くの人々に受けてもらうことが好ましいと言えます。

    そのため、ある程度の従業員を抱える中規模以上の事業者に対して、ストレスチェックの実施が義務づけられています。



    ストレスチェックでは、対象となる従業員に対して、ストレス診断のための設問が記載された質問票が配布されます。
    設問の種類はさまざまで、仕事量など現在の仕事の状況に関するものから、仕事へのやりがいの有無、人間関係など多岐に渡します。各従業員は、現在の自分の状況を思い起こしながら設問に回答していきます。


    回答には点数が設定されており、この点数を利用して簡易的にストレス診断が可能です。
    回答の点数を合計し、その合計点を基準と比較します。

    基準点を越えている場合には強いストレスを受けていると判断され、医師の面談指導を受けることが推奨されます。