• ストレスチェックの実施事務従事者とは

    ストレスチェックには実施事務従事者と言う立場のスタッフがいます。産業医等が実施者として行う場合であってもすべての業務を1人で行うことができるわけではありません。

    評判が高いストレスチェックの口コミ情報をまとめました。

    そのため細かい事務作業等については第三者に割り振って対応してもらうことが認められています。


    その役割を担うことになるのは実施事務従事者と呼ばれる一般の従業員です。この17時に従事者はストレスチェックに関連する業務に対して産業医と同じ程度に情報を共有することになる場合もあるため取り扱う情報については注意が必要であると考えられます。


    特に知りえた情報を用いて、ストレスチェックを実施した人にとって不利益があってはならないため、人事権のない人物であることが重要になってきます。


    また知りえた情報を第三者に話してはいけないと言う守秘義務を負うことにもなるのです。



    このような条件を満たした従業員が実施事務従事者としてストレスチェックの事務作業にかかることになります。
    その作業内容は作業員など実施者の考え方によって幅広く設定されますので一概にコレであると言うことができませんが、事務作業全般についての担当することになるのが一般的です。
    忙しい産業医が一人ひとりに対して細かい作業するわけにはいかないと言う事情から来ないものであるため、このような実施事務従事者が必要とされているのです。


    この役割を担う場合には法的な規制があることを念頭に置いて活動するようにしましょう。