• ストレスチェックの正しい理解

    • そもそもストレスチェックは、自らのストレス状態を把握し、対処することでうつ病などの精神疾患を予防することを目的とします。

      ストレスチェックを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

      平成26年、労働安全衛生法の改正によって、従業員50人以上の事業所に対し全従業員への実施が義務づけられました。ストレスチェックが企業に対して義務づけられた目的としては、従業員のメンタルヘルスの不調を未然に防止すること、ストレスへの気付きを促すこと、ストレスの原因となる職場環境を改善することが挙げられます。


      国が推奨している職業性ストレス簡易調査票は、ウェブ上か紙で回答します。

      なお、事業者にはストレスチェックの実施が義務づけられましたが、労働者に受検の義務はありません。結果は、実施者または受検者本人に通知します。

      結果の算出方法は、回答を数値化、足し算することによって「心身のストレス反応」の評価項目の良し悪しを判断します。
      診断結果で提供されるものは、実施者のストレスの状態を、相対的に評価をしたもので、あくまでも参考値です。


      絶対的なものではありません。



      診断結果は、もし、「心身のストレス反応」がある程度悪かった場合、仕事上のストレス要因や周囲のサポートの状態によっては高ストレス者と判定されます。
      つまりは、仕事だけではなくほかの要因で抑うつ状態になっていても高ストレス者と判定されます。

      要因によっては、社内での面談が必要かどうかの判断が変わります。



      結果の通知にあたっては結果に伴って、セルフケアのためのアドバイス、事業者への面接指導の申出方法、面接指導の申出窓口以外の相談窓口といった項目も通知することが望ましいとされています。

  • 医療の特徴

    • ストレスチェックで心の健康を保つ

      2015年12月、厚生労働省はストレスチェックという制度を導入しました。これはストレスによる職場での不調を未然に防ぐために従業員に対して年に1回調査を行い、その結果に基づいて面接指導を案内することを企業に義務づけるものです。...

  • 医療の常識

    • 自身の度合を図れるストレスチェック

      自分でストレスに気付ける人はなかなか優れた能力を持っていることになります。ストレスは身体のあらゆるところをむしばむ原因にもなっており、心の病を引き起こすことでも知られています。...

  • 大事な医療の事・医療のコツ

    • ストレスチェックとは

      近年、ストレス、それも、仕事に関連するストレスで体をこわしたり、心の病にかかったりして、休職や長期療養を余儀なくされるケースをよく耳にします。仕事上のストレスは、自分1人の中に抱え込んでしまうことも多いため、上司や同僚が気づくのが遅れ、心身に不調を訴えるようになって初めて問題が顕在化してくることも少なくありません。...

    • ストレスチェックの実施事務従事者とは

      ストレスチェックには実施事務従事者と言う立場のスタッフがいます。産業医等が実施者として行う場合であってもすべての業務を1人で行うことができるわけではありません。...